倉敷市,玉島,整体,マッサージ,高橋カイロプラクティック

岡山県倉敷市のカイロプラクティック

岡山県倉敷市玉島乙島7349-1
高橋カイロプラクティック
TEL:086-526-6678
FAX:086-522-6678

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

 

トップページ»  あなたの頭痛は大丈夫?

あなたの頭痛は大丈夫?

あなたの頭痛は大丈夫?

誰でも、かぜをひいたときに、頭がズキズキする、二日酔いで頭がガンガンする・・・
というような経験はあると思います。

しかし、頭痛はそれだけではありません。
うちに来られる患者さんの内で、約3割の方が、長時間のパソコン作業、精神的なストレスや 生理に伴う(女性の場合)慢性的な頭痛を訴えられます。
この数が多いのか、少ないのかは、他の統計を持たないので分かりませんが、頭痛について勉強する前に考えていたより、はるかに多いので、驚きです。


身体の中でも、頭は、脳のある重要な場所。
だから、少しの痛みでも気になるはずです。

あなたの頭痛は大丈夫?

 

頭痛のタイプ

一口に、頭痛とは言っても、そのタイプはいくつかあります。

まずは自分の頭痛をよく理解することが大切です。
頭痛は、痛みの起こり方によって、大きく

「日常的に起こる頭痛」
「脳の病気に伴う頭痛」
「慢性頭痛」


に分けて考えられます。

 

日常的に起こる頭痛

「日常的に起こる頭痛」は、風邪や二日酔いによるもので、原因が解消されれば自然に治ります。

 

脳の病気に伴う危険な頭痛

くも膜下出血、脳出血などによる「脳の病気に伴う頭痛」は、突然に、頭をガーンと殴られたような激しい痛みを感じたり、今までにないガンガンした痛みが続きます。
意識を失うこともあり、生死にかかわることもあるので、周りの方は一刻も早く119へ連絡してください。

これらの症状については、当院では、対応できません。
ただし、治療前に、これらの症状に対する検査をします。
もし、少しでも、怪しいようでしたら、脳神経病院へ行かれることを勧めます。

脳の病気に伴う危険な頭痛

 

「くも膜下出血」

クモ膜と軟膜の間にある脳動脈瘤の破裂が主な原因で、突然に”頭をハンマーで殴られたような”激しい頭痛が頭全体に起こり、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。
頭痛の持続時間は数時間から15日ほど続く激しいものまであるが、通常は3週間ほどで消失する。
再発の可能性が高いので必ず脳神経病院で診察を受けてください。


「脳出血」

高血圧などによって動脈硬化が進み脳内部に出血を起こします。
昼間活動している時に突然に発作が起きることが多い。
頭痛があり、麻痺の進行とともに意識障害となり、昏睡にいたることも多い。


「脳梗塞」

動脈硬化が進行して脳の血管を詰まらせる死亡患者の多い病気です。
頭痛や吐き気を伴うことは少ないのですが、身体の片側に麻痺がでて、知覚障害を起こすことが多い。

 

慢性頭痛

「慢性頭痛」は、何故、こんなに頭が痛いのか?
不安なまま、繰り返し起きます。
私は「頭痛持ち」と言われる方の頭痛で、頭痛全体の約80%はこのタイプであると考えられています。

「慢性頭痛」は、その原因やあらわれ方によって

「緊張型頭痛」
「片頭痛」
「群発頭痛」

の3つに分けられます。

慢性頭痛

 

「緊張型頭痛」

緊張型頭痛は、パソコン作業を長時間続けたときのような肉体的ストレスや、仕事上の悩みのような精神的ストレスによって起きる頭痛です。

症状は、「頭を鉢巻できつく縛られているような感じ」「頭に重石を載せられているような感じ」などと言われます。
最初は首や肩の「ハリ」や「コリ」を感じることが多く、そのうち、痛みが、首の後ろの付け根あたりからはじまり、頭の両脇や目の奥へと徐々に広がり、先のような重い痛みになって行きます。

原因は、パソコンを打つ時のような「前かがみ」の姿勢を長く続けていると首筋や肩、後頭部の筋肉が収縮し、血行不良となり、「肩こり」、「首こり」を招きます。
その結果、硬くこった筋肉により、常に頭部の神経が圧迫され、脳が刺激を受けて休めない状態になり、頭痛を引き起こします。また、精神的ストレスは、交感神経を興奮させるので、血管が収縮します。それが、血流を悪くさせ、筋肉を収縮させてしまいます。

「前かがみ」のような悪い姿勢を続けるほど、だんだんと筋肉は凝っていきますので、朝方より、夕方の方が、痛みが強くなります。また、すごく忙しかったり、解決の出来ない問題で悩んでいたりしても、こりは強くなります。

 

「片頭痛」

片頭痛は、女性に多く見られ、ハードな仕事を頑張って終えた休日の朝とか、天気が悪くなりそうな時とか、特に女性の場合、生理の始まる1,2日前から生理中にかけてよく起こります。空腹や極端なダイエットによる低血糖も誘因となります。

症状は、「ズキン、ズキン」「ガン、ガン」と脈打つような激しい痛みが続き、身体を動かすと痛みが強くなります。吐き気やおう吐を伴うこともあり、痛みの為寝込んでしまうこともあります。人によっては、頭痛の直前に目の前にチカチカと光るフラッシュのようなものが現れ、視野をふさぎ、見えにくくなります。

原因は、緊張の開放、生理痛や気圧の低下などにより、脳の血管を収縮させる働きをするセロトニンが減少することで、血管が広がり、その周囲にある三叉神経が刺激され、血管に炎症を起し頭痛として自覚されると考えられています。
生活が脅かされるようなひどい片頭痛の方は、かかりつけの先生に診てもらいましょう。そして正しい頭痛診断を受けてください。
そのためには、自分の痛みを的確に伝えることがとても大切です。
例えば、片頭痛であれば、痛み方は、「ズキン、ズキン」。痛みの間隔は、「月に1,2回起きる」。動くと痛いので、「寝込んでしまう」。「吐き気があります」など。
これに対して緊張型頭痛は、「ドーンと頭が重い」、「毎日のように続く」、「何とか仕事は続けられる」、「肩こりがひどい」となります。

もし、片頭痛と診断されれば、特効薬トリプタンを処方していただくようです。トリブタンは最盛期の片頭痛も完全に抑えるパワーを持っています。片頭痛は鎮痛薬を早めにのむのがコツです。
頭痛が本格化してからでは鎮痛薬は効きません。
頭痛がつらいからと毎日のように鎮痛薬を飲むと、かえって頭痛がこじれてしまいます。
月数回までの範囲であれば、素早く鎮痛剤を飲む。それでも収まりがつかなければ受診する。

当院にも、片頭痛の患者さんがこられますが、その多くの方が、肩や首のコリを訴えられます。頭痛のないときに、コリをほぐして、頭痛の軽減をはかります。

 

「群発頭痛」

20~30歳代の男性に多く、2,3年に1~3回現れます。一度起こり始めると1~2ヶ月の間、連日のように続きます。

症状は、1~2時間、片方の目~こめかみのあたりが「えぐられるように」激しく痛みます。
強さは、じっとしておられないくらいで、転げまわるほどの頭痛です。
涙、鼻水、鼻詰まり、目の充血を伴います。
明け方に起こることが多く、強い痛みで目が覚めてしまいます。

原因は、目の後ろを通っている血管が拡張して炎症を起こすと考えられています。

頭痛が起こりそうになったら、

1.窓を開け、深呼吸を繰り返す。
2.痛むところを冷やす。
3.手元の鎮痛薬を飲んでみる。
4.病院で酸素を吸わせてもらう。(酸素吸入が特効的なので、酸素を20分ほど吸入すると群発頭痛が楽になります。)
5.病院では、イミグランの注射が即効的です。

それから、群発期間は、飲酒で頭痛が誘発されます。この期間は禁酒します。
また、緊張型頭痛と一緒になっていることも多いので、普段から、肩こりには気をつけましょう。